資産運用に絶対付きまとう価格リスクマネジメント法

0
    価格リスクとは、ちょー簡単に言えば、価格が変わるよってことです。

    何で価格変動がリスクになるかと言えば、あなたが買ったものが買ったときより値下がりしていれば損しますよね?

    株式でも、投資信託でもいいんですが、1万円で買った商品が5000円でしか売れなかったら、大損じゃないですか!

    これがリスクじゃなくてなんでしょう?


    あれ?でも逆に考えて、1万円で買った株式商品が2万円で売れたら大得ですね!?

    つまり、リスクとリターンは表裏一体、裏腹な関係ということです。

    だから、リスクをとらなければリターンは得られないと言われるわけです。

    と言うことは、あなたが今後投資をしようと考えているのなら、その投資対象の金融商品が、株式だろうが投資信託だろうがETFだろうがミニ株だろうが、REIT(リート)のような不動産に関する商品でも、なんでも、資産運用には必ず付きまとってくるのが価格リスクと言うものです。

    今後絶対に付き合わなくてはいけないリスク、それが価格リスク

    これはしっかり勉強して、リスクマネジメントの方法を学ばなければいけませんね。

    JUGEMテーマ:株・投資
    「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
    投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

    「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
    人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

    ir投資スクール
    話題のスパイダー投資法の奥義!

    何も信用できないと言うリスク

    0
      資産運用をあまり考えていない方は、とりあえず銀行にお金を預けているかと思います。

      安全だと思ってた資産管理に付きまとうこんなリスクでも書いたように、銀行に預けていれば、家の金庫にしまっているより安心できるし、利息も付くからでしょうか。

      家の金庫にしまうより安心できると言うのは、言葉を変えればリスク回避ということでしょうか。

      もしくは、給料が銀行振り込みなので、使う分以外は自動的に銀行にたまっていくと言う方も多いかと思います。

      でも、それってホントに安心ですか?

      銀行に資産を預けるのは、本当にリスクがないことでしょうか?

      まぁ、めったにないことだとは思いますが、銀行だって倒産しないとは限りませんよね?

      もしそのとき、あなたの資産が1000万円を超えていたら、その超えた分は保証されません。これって立派なリスクですね。

      それに、銀行に預けておくことで付く金利なんて微々たる物です。

      経済成長によるインフレが起こったら、それについていける金利が付くわけありませんから、これも立派なリスク

      銀行に預けててもリスクが付きまとうなら、どうすればいいのでしょう?

      ぶっちゃけちゃえば、どうしようもないのです。

      この世の中に、絶対と言うものはありません。こうこうこうすればリスクは0で、絶対安心です。なんていうのはウソです。

      大切なのは、リスクをコントロールすることです。

      では、リスクをコントロールするにはどうすればいいのでしょうか?

      「敵を知り己を知れば百戦殆うからず。」

      と、孫子も言っています。

      やはり、リスクをよく知り、自分自身の資産についてもよく知ることがまず大事なのではないでしょうか?

      つまり、しっかり勉強するのが、あなたの資産を守るための一番のリスクヘッジになると言うことですね!

      少しでも、勉強のお役に立てるような記事をアップしていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

      JUGEMテーマ:株・投資
      「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
      投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

      「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
      人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

      ir投資スクール
      話題のスパイダー投資法の奥義!

      安全だと思ってた資産管理に付きまとうこんなリスク

      0
        投資をする際には、必ずリスクが伴います。

        リスクとは何かと言えば、要は、自分が投じた資産が目減りしてしまうと言うことです。

        では、自分の資産をリスクにさらしたくないからといって、家の金庫に現金をしまいこんでいたらいいのでしょうか?

        そうやって、今後20年間も金庫にしまいこんで、老後の蓄えとしていたら、それで安心できるのでしょうか?

        よく考えてください。

        現在の1000万円が、20年後も同じ価値を持っているのでしょうか?

        経済が成長していけば、インフレが起こって貨幣価値は下がっていきます。

        と言うことは、あなたが大事に金庫にしまっていた資産は、実質目減りしてしまうと言うことです。

        これってリスクじゃないでしょうか?

        また、あなたの家が火事にならないとも限りません。

        お金が燃えちゃったら、パーですよね?これも立派なリスクになります。

        泥棒だって、あなたの資産を狙っているかもしれません。これもリスク

        あなたが、一番安全だと思っている資産の守り方にも、気づかないリスクは潜んでいるのです。

        JUGEMテーマ:株・投資
        「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
        投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

        「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
        人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

        ir投資スクール
        話題のスパイダー投資法の奥義!

        付き合わないわけにはいかない信用リスク

        0
          投資をしようと思ったとき、有名な証券会社の金融商品と、昨日今日出来たばっかりの、どこの馬の骨とも分らない証券会社の金融商品と、あなたならどちらに投資しますか?

          あなたが今考えたことが、「信用リスク」と言うものです。


          もっと簡単に言えば、株式投資の際、超有名な企業と、ぜんぜん知らない企業だったら、どちらにあなたの虎の子の資産を投資しようと思いますか?


          信用リスクとは、その投資先の企業や国が潰れちゃったりして、儲かるどころか投資元本すら戻ってこないと言うリスクです。


          投資を行う際には、基本的にこの信用リスクが必ず付きまといます。

          現在では、投資でなく、預金にすら信用リスクはありますよね?

          銀行が潰れちゃったら、ペイオフ制度で1000万円以上は還ってこないわけですから、ここにも信用リスクはあるんです。

          お金のことを考えるときは、必ずこの信用リスクのことを考えなければいけません。


          具体的にどうすればいいかというと、投資でも、預けるだけでも、とにかく自分のお金の行き先が、安全かどうか、キチンと調べると言うことです。

          つまり、株式投資だったらその企業の経営状況であるとか、国債だったらその国の経済状況であるとか、また、預金するにしてもその銀行は大丈夫なのかとか。


          投資を行う際には、必ず必要な勉強なんですね?信用リスクは。

          JUGEMテーマ:株・投資
          「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
          投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

          「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
          人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

          ir投資スクール
          話題のスパイダー投資法の奥義!

          流動性リスクのワナ

          0
            投資をする際に、その投資対象である金融商品が持つリスクの中で、基本的にはとるべきでないリスクとして、「流動性リスク」があります。

            流動性リスクとは、その金融商品を、自分が売りたいと思ったときに売れなくなるリスクです。

            流動性リスクが高い金融商品としては、不動産がその代表に上げられるでしょう。

            急に現金が必要になったからと言って、手持ちの土地を売ろうと思っても、そう簡単に望みの金額で売れることはないでしょう。

            反対に、流動性リスクが低い、つまり流動性が高い金融取引といえば、株式や為替がその代表格です。


            流動性リスクが高い金融商品に投資してしまうと、急に現金が入用になったとき、例えば、将来の子供の教育資金として、資産運用していたのに、

            「さぁ、子供が留学したいと言い出したから、不動産を売ろう!」

            と、思っても、そう簡単に売れるでしょうか?

            半年後には留学だと言うのに、その不動産が売れるまでに1年も2年もかかっちゃったら意味ないですよね?

            だからと言って、安値で叩き売っちゃったら、資産運用の意味もないですし。


            ですから、投資をする際には、自分の人生プランをよく思い出して、自分にあった資産運用のために、とるべきリスク、とるべきでないリスクをよく考えて投資しましょう!

            投資は、最終的には現金化できて何ぼなんですから!

            JUGEMテーマ:株・投資
            「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
            投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

            「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
            人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

            ir投資スクール
            話題のスパイダー投資法の奥義!

            金融商品が持つリスクの種類

            0
              投資をするには、必ずリスクが付きまといます。

              問題なのは、リスクとリターンは表裏一体と言うことです。

              ですから、リスクから逃げてばかりいると、リターンも得られません。


              ポイントは、上手にリスクをコントロールすることでしょう。

              それには、どんなリスクがあるのかを知る必要がありますよね?早速見ていきましょう。


              投資を行う対象である、金融商品には、大きく分けて5つのリスクがあります。

              それは、

              「価格リスク」、「金利リスク」、「為替リスク」、「信用リスク」、「流動性リスク

              です。


              この中には、積極的に付き合っていくべきリスクもあれば、基本的にはとるべきではないリスクも存在します。


              それぞれのリスクとうまく付き合って、リスクを上手にコントロールして、リターンを最大限に得ることが、投資の秘訣になります。

              JUGEMテーマ:株・投資
              「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
              投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

              「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
              人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

              ir投資スクール
              話題のスパイダー投資法の奥義!

              1