投資信託はドルコスト平均法で

0
    投資信託を購入する際の購入方としては、ドルコスト平均法がオススメです。

    ドルコスト平均法とは、常に一定額で買い続けることです。

    ある投資信託を購入しようと思ったら、一度に100万円投資するのではなく、一万円ずつ100回に分けて買うのです。

    これのどこにメリットがあるかと言いますと、いくらリスクの少ない投資信託とはいえ、値動きはしているのですから、100万円で一気に買ったとき、もしかしたら高いときかもしれません。

    そうすると、いくら投資信託で配当が入っても、投資い自体の価値がどんどん下がって、最終的に売ったとき配当分がすっかりなくなっちゃった。なんてことにもなりかねません。

    もちろん、一番安いときに100万円分買えたら、それはとってもお得ですが、それではリスクが大きすぎて、投資信託で資産運用する意味がなくなってしまいます。

    そういう買い方は、投資ではなく、投機です。

    あくまで将来のために投資信託を買うのなら、リスクを最小限にすべきです。

    そのための簡単な方法が、ドルコスト平均法です。

    ドルコスト平均法はその名の通り平均的に投資信託を買っていくのです。

    簡単に言えば、同じ100万円を投資するのなら、一気に100万円使うのではなく、毎月10万円ずつ、10回に分けて積み立て購入をするんです。もちろん1万円を100ヶ月でもいいですが。

    そうすることによって、必然的に投資信託が高いときはあまり買えず、安いときは多く買えるようになるのです。

    何も考えずに、自動的に安いときは多く、高いときには少なめに買うことが出来るので、非常に重宝する買い方です。

    しかも、長期運用を考えているのなら、必然的にドルコスト平均法で積み立て購入をすることになると思います。

    欠点としては、大勝が出来ないし、取引手数料が多くかかることでしょう。

    ですから、ノーロード投資信託を選ぶのがコツなんです。

    投資の手始めは、ノーロード投資信託ドルコスト平均法で購入する!で決まり!!

    JUGEMテーマ:株・投資
    「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
    投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

    「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
    人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

    ir投資スクール
    話題のスパイダー投資法の奥義!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック