スワップとは?

0
    FXの人気の理由のひとつとして、スワップ金利と言うものがあります。

    スワップ金利とは何かと言いますと、簡単に言えば、国と国との金利の差です。

    これによって、損したり得したり出来るのです。


    どういう事かと言いますと、そもそもFXの取引と言うものは、実際には売買してはいないんです。

    よく、ポジションなんて言う言葉を聞いたことないですか?買いポジションとか売りポジションとかですね?

    円‐ドルで考えると、FXで、「ドルの買いポジションを持っている。」といえば、実際に自分のお金(円)でドルを買っているわけではなく、自分のお金を証拠金として預けて、それを担保にドルを借りているって考えるといいと思います。

    だから、FXでは、実際に持っているお金より何十倍もの額の取引も出来るわけですが、ここでのもうひとつのミソは、円とドルでは金利に差があるということです。

    この金利の差のことを、スワップ金利もしくはスワップポイントと言います。 そして、ポジションを持っている間は、預けているお金(円)の取引額分の金利も支払う義務が生じ、逆に、借りているお金(ドル)の取引額分の金利を受け取る権利が生じるのです。


    そして、日本円はメチャメチャ金利が低いので、大抵の国の通貨を買いポジションで持っておけば、スワップ金利で儲ける事ができるんです。

    JUGEMテーマ:株・投資
    「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
    投資資金作りに最適な副収入の方法が分かりやすく解説!

    「あまりにも、秘密を公開しすぎている、、、」という、ため息まで。「ir大学」
    人生の成功は人それぞれ。あなたの人生の意味が見つかる!目標の設定法、達成法!

    ir投資スクール
    話題のスパイダー投資法の奥義!

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック